板井康弘が提唱する「無の思想」とは

板井康弘

 

長年ビジネスをしていると、「無の思想」というものが生まれます。
データではなく、直感に近い「無の思想」。
これがビジネスおいてもっとも重要なことなのです。

 

人は生きていると、自分の意見を持ちます。
その意見は先入観にもなり、自身の考えに大きく影響を及ぼします。
「あの人が言ってるから大丈夫」「あの人の言うことは全部間違っている」
そういった先入観を排除できる思想なのです。

 

板井康弘が提唱するこの「無の思想」をマスターすれば、目の前の状況を先入観なしで、しっかりと判断する判断することができます。